1. HOME
  2. スクール・通信講座選びのポイント
  3. ガイダンス・体験講義を受けよう

スクール・通信講座選びのポイント − ガイダンス・体験講義を受けよう

ガイダンス・体験講義を受けるメリット

各スクールでは、宅建試験や宅建講座についてのガイダンス(説明会)や、実際の授業が受けられる体験講義を無料で実施しています。実際に講座を申し込む前に、ぜひ受けることをおススメします。

ガイダンスでは、講座内容の説明や試験制度についてだけでなく、最新の出題傾向や、効率的に合格するための勉強法のコツなど、パンフレットだけでは分からない情報も教えてくれるので、とても参考になります。

体験講義では、講師の話し方やスクールの雰囲気などを体感することができます。これから始める勉強内容の具体的なイメージもわきやすいので、特に初めて資格試験にチャレンジする方は、ぜひ受けてみてください。

ガイダンス、体験講義を受けるときのポイントをいくつかご紹介します。

ガイダンス・体験講義を受けるときのポイント

(1) 講座のセールスポイントを理解する

ガイダンスでは、「他のスクールとの違い」や「他社と比較したそのスクール・講座のアピールポイント」をよく理解しましょう。

スタッフや講師がガイダンスで強調するポイントは、そのスクール・講座の強みでもあります。講座運営において特にどこに力を入れているのか(教材、講師、カリキュラム、受講者サポート、フォローシステムなど)をよく確認しましょう。

(2) テキストをチェックする

ガイダンスでは、実際に使用するテキスト・教材の見本が置いてあることが多いので、必ずチェックしましょう。テキストのチェックのしかたは、下記ページを参考にしてください。

  1. 複数のテキストを比較する (スクール・通信講座選びのポイント)

(3) 講師選びの参考にする

全国的に展開している大手スクールの場合は、同じ宅建取引士講座でも多数の講師が在籍しています。ガイダンスや体験講義では、実際の講師から説明があるので、講師の話し方や雰囲気を確認することもできます。

(4) スタッフの対応をチェック

テキストや講師だけではなく、スクールの第一印象もスクール選びの重要な要素です。せっかくスクールに足を運ぶ機会なので、窓口や事務スタッフの態度や対応の良し悪しもチェックしておきましょう。。

(5) スクールの施設・設備を確認

ガイダンス、体験講義は、快適な学習環境が整っているかどうか、スクール全体をチェックするチャンスです。

教室やトイレなどの施設の清潔さ、自習室の広さやDVDブースの込み具合、休憩室の有無など、校内を一通り見て回りましょう。

また、通学をメインで考えている方は、スクール周辺の環境(駅からの距離や飲食店・コンビニなどの利便施設)についても確認しておくとよいと思います。

ガイダンスは遠慮せずにどんどん受けよう!

「ガイダンスや体験講義を受けたら、申し込まないといけないのでは?」と思う方もいますが、そんな心配はありません。

連絡先やアンケートを求められることは多いですが、その場で強引に勧誘されたり、後でしつこく電話がかかってくる、といったことは一切ありませんので、興味のあるスクールのガイダンスはできるだけ受けてみましょう。納得のいくスクール・講座選びが合格の第一歩です。

ちなみに私も、最新情報のフォローや、スクールの見学をかねて、いろいろな資格講座のガイダンスを受けさせて頂いています。最近では、各スクールともHP上で動画による講座ガイダンスを載せていることも多いので、あわせて活用して下さい。