1. HOME
  2. LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

スクール通信
スクール通学

  1. 暗記だけではなく「理解」を重視した講座
  2. アウトプットが多く実戦力のつくカリキュラム
  3. 人気講師と評判のよいテキスト

LEC東京リーガルマインド スクール基本情報

LEC(東京リーガルマインド)は、1979年設立の資格スクールの草分け的存在で、司法試験、司法書士などの法律系資格で豊富な実績があります。公務員試験、簿記・会計系、ビジネス系など多くの資格講座を開講しています。

宅建の講座開始は1985年と30年以上の歴史があります。

LEC 宅建講座の特徴・評価

// おすすめポイント //

「理解力重視」で本試験の難易度アップにも対応

最近の宅建試験は、権利関係(民法)の分野で過去出題のなかった条文問題が出題されるなど、丸暗記では対応できないレベルとなってきています。

LECの宅建講座では、本試験の難化傾向にあわせて、単なる暗記ではなく条文や規定の理解力強化に重点を置いた講義や教材提供を行っています。法律学習に自信のない方や、権利関係でライバルに差をつけたい方におススメです。

アウトプット・実戦演習重視のカリキュラム

宅建試験合格のためには、多くの問題を解いて知識を定着させるアウトプット学習が欠かせません。

LECの初学者向け<パーフェクト合格フルコース>では、アウトプット部分が計24回(うち模擬試験6回)と、アウトプット学習や本試験形式の問題演習に多くの時間を確保しています。一方で、講座全体の費用はTACや大原と比べて抑え目に設定されており、コストパフォーマンスも評価できます。

有名講師や評判の高いテキストで勉強できる

LEC宅建講座のメイン講師である水野健さんは、講義の面白さや分かりやすさが評判の有名講師で、水野講師の講義を目当てにLECを受講する人も多いです。LECのHPやyoutubeにも講義動画がアップされているのでチェックしてみてください。

また、使用教材である「出る順宅建士 合格テキスト」は、25年以上の歴史を持つ宅建業界のロングセラーです。図表を使った分かりやすい解説には定評があり、市販書籍としても人気が高い定番テキストとなっています。

// マイナスポイント //

自習室など設備面ではTACや大原よりも劣る

LECは、総合資格スクールのライバルであるTACや大原と比べて全体的に教室の規模が小さく、自習室や休憩室などの環境は見劣りします。また、一定金額以上の講座受講生でない場合、自習室が有料となります(各本校により異なる)。

LECの自習室を使おうと考えている人は、通いたい教室の状況を事前に確認することをおススメします。

LEC東京リーガルマインド 宅建講座まとめ

おすすめコース例 パーフェクト合格フルコース(全58回)
受講費用(定価) 122,040円(税込)〜
受講スタイル (通学) 通学+Web・音声DL、通学+DVD
(通信) Web・音声DL、DVD
フォロー制度 通学コースにはWeb動画+音声DLまたはDVDが標準装備
質問対応 インターネット質問「教えてチューター」
自習室 8万円以上の講座受講生は原則無料 ※各本校により異なる
スクーリング 通信生でも模試は会場受験可能
割引制度 再受講割引、受験経験者割引、宅建業従事・内定者割引、早期割引キャンペーンなど

※ 平成29年5月現在の情報です。講座内容・受講料は変更される場合があります。最新情報は講座パンフレット・HP等でご確認ください。

LEC 宅建講座の口コミ・評判

LECで宅建合格した方の合格体験記より、代表的なコメントです。

『水野先生の講義は軽快な語り口調で、テキストだけでは理解が難しい言い回しや専門用語を分かりやすく解説して下さるので、苦手と感じていた法令上の制限分野も徐々に理解していくことができました。念願の合格は、本当に水野先生の講義のおかげです。』

LECの教材はピカイチだと思います。出る順テキスト3冊+ウォーク問3冊は読みやすく解説も丁寧で、これに匹敵する参考書は他にないでしょう。ウォーク問に掲載されている問題について、選択肢ひとつひとつを完全に理解すれば必ず合格点を取ることができると断言します。』

Webでいつでも質問できる「教えてチューター」は実に素晴らしい制度で、どの質問に対しても1聞いたことが10返ってくるような丁寧な解説をいただきました。』

水野講師の講義は有名なだけあって、多くの人が高く評価しています。

こんな方におススメ!

  1. 法律関係の勉強は初めてであまり自信がない
  2. 模試や実戦演習を多く積んでアウトプット力を高めたい
  3. 評判のいい講師やテキストで勉強したい