1. HOME
  2. ユーキャン

ユーキャン

通信教育

  1. 通信教育ならではの低価格
  2. 重点箇所に絞り込んだテキスト
  3. 通信教育でも充実の受講者サポート

ユーキャン スクール基本情報

「生涯学習のユーキャン」としてテレビCMでもおなじみの通信教育大手です。創立は1954年と歴史は長く、日本の通信教育業界の草分け的存在です。

宅建士講座などの資格講座はもちろん、語学や身近な趣味・実用講座まで、100講座以上の通信教育を提供しています。

ユーキャン 宅建士講座の特徴・評価

// おすすめポイント //

受講料の安さ

ユーキャンの宅建士講座の受講料は、税込63,000円(平成29年5月現在)です。10万円を超える宅建講座が多い中で、価格の安さが目立ちます。安いだけでなく、宅建講座は30年以上の開講実績があり、合格者も多く輩出しています。

重要箇所に絞り込んだテキスト

ユーキャンの宅建士講座で使用するテキストは、基本テキスト3冊+過去問実戦テキスト3冊のみです。しかも1冊1冊が薄く、資格スクールの標準的なテキストと比べて大幅に分量を絞り込んでいます

出題頻度の少ない項目は思い切ってカットし、初学者でも重要事項を効率的にマスターできるよう配慮されています。実際に、ユーキャンの宅建講座受講生の7割以上は初学者です。
なお、講義教材はありませんが、受講生用のインターネットサービス「学びオンラインプラス」による動画でのポイント解説など、テキスト+αの学習ができるよう配慮されています。

添削指導をはじめとした受講者サポート

ユーキャンは、通信教育でありながら、本試験まで勉強を乗り切るための受講者サポートにも力を入れています。有名な添削指導をはじめ、メールでの質問対応、法改正や試験情報の提供など、孤独になりがちな自宅学習を支援する体制を整えています。
通信教育会社としては珍しく、直前期の総仕上げとして、講師によるスクーリングや全国模試もオプションで用意しています。

割安なアプリ版講座もあり

ユーキャンの宅建士講座には、通常の「テキスト版」コースのほか、お得な「アプリ版」コース(税込53,000円)も用意されています。専用アプリをダウンロードし、スマホやタブレット2台まで同期させて使用可能です。通勤時間や移動時間を有効に使いたい、スキマ時間を活用して効率的に勉強したい、という人におすすめです。

// マイナスポイント //

講義教材が付いていない

ユーキャンの宅建講座が安い理由のひとつは、他のスクールや通信教育の講座と違い、講師による講義教材が付いていないことです。「テキストでインプット」→「問題を解いてアウトプット」→「添削指導」という学習スタイルのため、「講師の講義を直接聞いて勉強したい」という人には不向きです。

ただし、分からない部分は質問できますし、初学者を意識した理解しやすいテキストで実績を上げていますので、それほど心配する必要はないでしょう。

ユーキャン 宅建士講座まとめ

おすすめコース ユーキャンの宅地建物取引士講座
標準学習期間:6ヶ月
受講費用(定価) 63,000円(税込)
※分割払いOK 3,980円×16回
※アプリ版(53,000円)もあり
受講方法 通信教育
フォロー制度 受講開始から試験実施月まで6ヵ月未満の場合、次年度試験までサポート継続
質問対応 メール、郵送
スクーリング
試験直前講座、全国統一模擬試験、公開模擬試験「The Open MOGI」など
※有料オプション
割引制度 なし

※ 平成29年5月現在の情報です。講座内容・受講料は変更される場合があります。最新情報は講座パンフレット・HP等でご確認ください。

こんな方におススメ!

  1. 費用をできるだけ抑えたい
  2. 講師の講義なしでもOK
  3. 通信教育でも受講者サポートを重視したい