1. HOME
  2. 3つの学習スタイル
  3. スクール通信講座のメリット・デメリット

3つの学習スタイル − スクール通信講座のメリット・デメリット

資格スクールの宅建講座を受けたいけれど、近くに学校がない、仕事が忙しくて学校に通う時間がない、自宅でマイペースで勉強したい、という人のために、各スクールでは通信コースを用意しています。

スクール通信のメリット

  1. 好きな時間、好きな場所で勉強できる。
  2. 会社や自宅の近くに受けたい資格スクールがなくても、通学コースと同じ講座を受けられる。
  3. 通学時間や交通費が節約できる。
  4. 講義教材(CD・DVD・Webなど)があるので、繰り返し何度でも見たり聞いたりできる
  5. 自分のペースで勉強できるので、予備知識がある場合は通学よりも効率的。
  6. 通信生であっても、スクーリングや自習室を利用できる場合が多い。

スクール通信のデメリット

  1. 一人で勉強するため、孤独になりがち。
  2. 自分で学習スケジュールを立て、きちんと管理していく必要がある。
  3. 分からないことがあった場合、その場で質問ができない
  4. テキストや教材を送付してもらう分、通学コースより割高となる場合もある
  5. 実際の試験の雰囲気を味わいにくい。
  6. 講義教材の内容はスクールごとに異なる。(音声のみの場合や、講義映像が通信生向けのスタジオ収録ではなく教室講義の録画の場合など。)
  7. 直前期には、通学コースの受講生よりも教材や資料の入手が多少遅くなる場合がある。

スクール通信のデメリットを補うコツ

最近はWeb通信も増えている

Web通信資格スクールの通信コースの中には、インターネットで講義を受講できるWeb通信や、講義音声をダウンロードするダウンロード通信などもラインアップされています。これらのインターネットを使った通信コースの場合、DVDなどの教材郵送コストがかからない分、比較的割安です。

また、通学した場合の交通費なども考えると、通信が必ずしも高いとは言い切れません。

スクーリングや自習室を活用する

スクールの通信コースの場合、通学生と同じ講義や答案練習、模擬試験などを実際にスクールで受講できる制度(スクーリング)が用意されている場合もあります。また、通学生と同じように、自習室を利用できることも多いです。

勉強のモチベーションアップや、本試験の雰囲気を体験するためにも、これらをうまく利用してください。

質問制度を活用する

通信コースの場合でも、質問シートやメール等で質問に答えてくれるスクールがほとんどです。勉強の最中に分からないことはどんどん質問しましょう。ただし、講座によっては、電話質問はできない、質問回数に制限がある、回答までに時間がかかるなどの制約がある場合があるので事前に確認しましょう。

宅建試験の通信講座を開講している代表的な資格スクールについて、以下で特徴やおススメポイントを解説しています。