宅建
  1. HOME
  2. 3つの学習スタイル
  3. 通信教育講座のメリット・デメリット

3つの学習スタイル − 通信教育講座のメリット・デメリット

宅建講座には、資格スクールだけではなく、通信教育会社が提供する通信講座もあります。

通信教育のメリット

  1. 資格スクールと比べて全体的に講座の費用が割安
  2. 好きな時間、好きな場所で勉強できる。
  3. 会社や自宅の近くに資格スクールがなくてもOK。
  4. 通学時間や交通費が節約できる
  5. テキストや教材の分量を絞ったコンパクトな講座が多い

通信教育のデメリット

  1. 一人で勉強するため、孤独になりがち。
  2. 自分で学習スケジュールを立て、きちんと管理していく必要がある。
  3. 分からないことがあった場合、その場で質問ができない
  4. 原則としてスクーリングや自習室の利用はできない
  5. 講義教材(CD・DVDなど)が含まれない講座もある
  6. 直前期には、教材や資料の入手が多少遅くなる場合がある。
  7. 講座にもよるが、過去問演習や答案練習などのアウトプット学習が不足しがち

通信教育のデメリットを補うコツ

スクールと通信教育を併用するのもひとつ

通信教育会社の通信講座は、スクールと比較すると割安で、講座がコンパクトにまとまっている一方で、テキストや講義の分量を絞っていたり、アウトプット学習が不足しがちな面もあります。

忙しくて勉強時間が取りにくい人にとって、コンパクトな通信教育講座は強い見方となりますが、通信教育講座を利用する場合でも、市販の問題集で問題演習をしたり、資格スクールが実施する公開模擬試験を併用するなど、アウトプット学習の面を補強するとよいでしょう。

宅建試験の通信教育講座を開講している主な通信教育会社について、以下で特徴やおススメポイントを解説しています。